インタビュー・レビュー
ミュージシャン・佐野康夫さん 「ドラムレコーディングの模様を収録したドキュメンタリーDVD 『佐野康夫 ドラムレコーディングの流儀』 の収録で使用されています。」

数々のアーティストのレコーディングやツアー等でドラマーを務めるスタジオミュージシャン、佐野康夫さんのドラムレコーディングの模様を収録したドキュメンタリーDVD「佐野康夫 ドラムレコーディングの流儀」の収録(レコーディング)において、Celesonic US-20x20およびSONAR Platinumによって構成されたシステムが導入されました。クロックジェネレーターにはCG-1000、DAコンバーターとしてDA-3000も使用された他、マイクはスタジオ常設のマイクに加えてTM-DRUMSが使用されました。

レコーディングにおいては、DVD用の音声を収録するシステムと、ドラムレコーディングをするシステムの2系統のDAWが同時に使用され、Celesonic US-20x20及びSONAR Platinumはドラムレコーディング用のシステムとして使用されました。そのサウンドについては、佐野さんからも高い評価を頂くことができました。レコーディング後の音質に関するインタビューの模様は、動画でご覧いただくことができます。

このDVDは、6曲のドラムトラックを2日でレコーディングするプロのドラムレコーディングに密着した内容で、録音中の音声はミキシング前の音声がそのまま無加工で使われており、US-20x20のUltra-HDDAマイクプリアンプ及びDSPミキサーの音質を確認していただくことができます。佐野さんによる曲に合わせたドラムやシンバルの選択、チューニング、ドラムレコーディングに対する考え方などを知ることができ、ドラムレコーディングをしたい方には非常に有益な内容となっています。佐野さんがデモ音源に入っている打ち込みのドラムを聞いて、生のドラム演奏に置き換えていく様を見ることができます。

システム概要

  • レコーディング用DAW:
    TASCAM Professional Software SONAR Platinum
  • レコーディング用オーディオインターフェース:
    TASCAM Celesonic US-20x20
  • レコーディング用PC:
    Lenovo X240 (ノートPC)、Intel Core i7 2.10/2.70GHz Dual、RAM 8GB、USB2.0 外付けHDD 2TB、Windows 7 Professional SP1
  • マスタークロックジェネレーター:
    TASCAM CG-1000
  • DAコンバーター:
    TASCAM DA-3000
  • モニタースピーカー:
    GENELEC 1031A, YAMAHA NS-10M STUDIO, TASCAM VL-S5
  • 映像用音声収録用DAW:
    Avid ProTools
  • 映像用音声収録用オーディオインターフェース:
    Avid 192I/O
  • 映像用音声収録用PC:
    Mac Pro(w:intel) / [10.7.4 Lion & 10.6.7 Snow Leopard]

 

ドラムレコーディング用には最大で12本のマイクが使用され、マイクは直接US-20x20のUltra-HDDAマイクプリアンプに入力されています。US-20x20のDSPミキサーで音作りされたのちに、SONAR Platinumに録音されました。マイクプリアンプを増設するため、US-20x20-BがADAT経由でUS-20x20-Aに接続されています。

US-20x20の多入力・多出力を活用し、SONAR Platinumでレコーディング用の音声を録音しながら、映像用に各出演者のトークとレコーディング出力音をProToolsに同時録音するシステムが組まれました。SONAR Platinumに録音された音声は、オケとドラムの2ステレオ出力され、192I/Oに入力されています。

キューボックス用にはUS-20x20から6系統の出力が用意されました。

  • 1-2: US-20x20 DSP mixer Stereo Out
  • 3-4: Computer out 3-4(Instrumental mix from SONAR Platinum)
  • 5:Computer out 5(a part independent output from SONAR Platinum)
  • 6:Computer out 6(Click from SONAR Platinum)

映像用音声収録用のProToolsへの分配も、Celesonic US-20x20から直接出力されました。

  • 7-8:Computer out 7-8 (Drums stereo mix from SONAR Platinum)
  • 9-10:Computer out 9-10 (Other tracks stereo mix from SONAR Platinum)

モニター用の音声は、さらに高品位なモニター音を得るために、DA-3000をDAコンバーターとして活用。US-20x20からCOAXIAL経由でDA-3000に接続され、DA-3000のデュアルモノDAC回路でアナログ変換が行われています。

このように、非常に複雑な回線となっていますが、US-20x20が豊富な入出力を持っているため、US-20x20だけでシステムを構築することができています。

※資料内の写真はセッティング中に撮影されたものであるため、ワイヤリングチャートと若干異なる部分があります。

SoundCloudでは、DVD内で使われている楽曲のうち2曲のラフミックス(レコーディング時の音源)と、ミキシング済の音源(DVD用に調整が行われた音源)を聞いて頂くことができます。以下は該当の楽曲で使用されたドラムセットとマイクの説明です。説明をご覧の上音源やDVDをご視聴頂くと、US-20x20の音の傾向などがご理解頂けると思います。

VAP!
※アルファノート刊 ドラマーズソングブックにドラム用カラオケを収録
http://alfanote.jp/item/anb003/

  • Drum set : CANOPUS YAIBA2 BOP KIT/BD:18”x14”, TT:12”x8”,FT:14”x14”
  • SN : CANOPUS NV60M5 14”x5”
  • 1:BD in : TASCAM TM-50DB
  • 2:BD out : AKG D12
  • 3:SN top : TASCAM TM-50DS
  • 4:SN Bottom : SHURE SM57
  • 5:HH : SHURE SM57
  • 6:TT : SENNHEISER MD421
  • 7:FT : SENNHEISER MD421
  • 8:BD side : AKG D112
  • 9-10 : Top L/R: AKG C480 comb ULS61 x2
  • 11-12 : Ambience L/R: NEUMANN M269c x2
  • Rough mix音源 :
  • 完成音源 :

HONEY STAR

  • Drum set:CANOPUS CUSTOM DRUM KIT/BD:22”x14”, TT:12”x8”,FT1:14”x14”,FT2:16”x16”
  • SN: CANOPUS Prototype Aluminum-shell ROF 14”x5”
  • 1:BD in: AKG D112
  • 2:BD out: AKG D12
  • 3:SN top: SHURE SM57
  • 4:SN Bottom: SHURE SM57
  • 5:HH: SHURE SM57
  • 6:TT: SENNHEISER MD421
  • 7:FT1: SENNHEISER MD421
  • 8:FT2: SENNHEISER MD421
  • 9-10:Top L/R: AKG C480 comb ULS61 x2
  • 11-12:Ambience L/R: NEUMANN M269c x2
  • Rough mix音源:
  • 完成音源:

 

佐野康夫 ドラムレコーディングの流儀 プロの現場のシミュレーションから学ぶ匠の技と心得

ドラマー佐野康夫のスタジオワークがついに解禁! 全6曲にも及ぶレコーディングドキュメンタリー! 演奏のための前準備等一切の「仕込み」は無し。実際のレコーディングをシミュレーションしたドキュメンタリータッチのDVDである。2日間にも及ぶ6曲分のレコーディングシーンではディレクター、アレンジャーレコーディングエンジニア、楽器メーカーらスタッフとともにディスカッションしながら楽曲を完成させていく様子を、その場に参加している感覚で楽しめる内容だ。2時間48分の超大作!

出版元:株式会社アルファノート

 

プロフィール

 

佐野康夫さん

 

福岡県出身のドラマー。
大学在学中より古澤良治郎氏に師事。ジャズやブルース系の様々なセッションを経験しミュージシャンとしての活動をスタートさせる。その後、てつ100%、MONDO GROSSO、MONDAY満ちる、ORIGINAL LOVE 、GAKU-MC、AIR、古内東子、the brilliant green、真心ブラザーズ、ゆず、中島美嘉、ORANGE RANGE、YUKI、DAITA、平原綾香 など様々なアーティストのレコーディング、ツアーで活躍。近年も菅野よう子、aiko、安藤裕子、阿部真央、その他人気アイドルから声優まで活動の幅は多岐にわたる。
現在、unbeltipo 、村田陽一オーケストラ、Hook Up、酒井泰三バンド、アースウィンドアンドファイターズ でレギュラーメンバーとして活動中。

オフィシャルサイト : http://www.canopusdrums.com/sanoyasuo/
twitter : https://twitter.com/yasuosano

CANOPUS DRUMS
日本有数のドラムメーカー。海外ではブティック・ドラムと称され、その優れた生音に愛好者が多く、国内外問わず多くのプロドラマーが愛用している。
http://www.canopusdrums.com/

 

All songs recorded at E.V.E STUDIO http://envers.jp/
All songs recorded by Takahiro “koita“ Koizumi

SHARE