特集

サウンドデザイナー佐藤公俊さん | フィールドレコーディングへの想い
インタビュー・レビュー
サウンドデザイナー佐藤公俊さん | フィールドレコーディングへの想い
電子音楽バンド「Mother Tereco」やサウンドデザイナー・エンジニア、DJ、トラックメイキング等多岐にわたり活躍する佐藤公俊さん。フィールドレコーディングにおいてTASCAMのPCMハンディレコーダーDR-100MKIIIが欠かせないようです。今回、奥多摩へのフィールドレコーディングに同行し、彼のフィールドレコーディングへの想いやDR-100MKIIIについてインタビューしました。(動画に使用されている音楽は、佐藤公俊さん作曲によるもので、このインタビューで実際に奥多摩でDR-100MKIIIによりフィールドレコーディングした音を使用しています)ティアック:佐藤さんは今まで様々な場所でフィールドレコーディングをされていますが、印象的なフィールドレコーディングの思い出をお聞かせください。佐藤さん(以下敬称略):中国に行った際に、人の活気や熱気がとてもすごくて。北京駅の前にある広場に露天商が沢山あり、お客さんも商売人も大勢の人が売ったり買ったり、文句を言ったり騒いだり、果ては警察が来たりと、とにかくエネルギッシュでした。その様子を録音したのですが、それがとても面白かったです。フィン
DR-100MKIII
ミュージシャン・佐野康夫さん 「ドラムレコーディングの模様を収録したドキュメンタリーDVD 『佐野康夫 ドラムレコーディングの流儀』 の収録で使用されています。」
インタビュー・レビュー
ミュージシャン・佐野康夫さん 「ドラムレコーディングの模様を収録したドキュメンタリーDVD 『佐野康夫 ドラムレコーディングの流儀』 の収録で使用されています。」
数々のアーティストのレコーディングやツアー等でドラマーを務めるスタジオミュージシャン、佐野康夫さんのドラムレコーディングの模様を収録したドキュメンタリーDVD「佐野康夫 ドラムレコーディングの流儀」の収録(レコーディング)において、Celesonic US-20x20およびSONAR Platinumによって構成されたシステムが導入されました。クロックジェネレーターにはCG-1000、DAコンバーターとしてDA-3000も使用された他、マイクはスタジオ常設のマイクに加えてTM-DRUMSが使用されました。レコーディングにおいては、DVD用の音声を収録するシステムと、ドラムレコーディングをするシステムの2系統のDAWが同時に使用され、Celesonic US-20x20及びSONAR Platinumはドラムレコーディング用のシステムとして使用されました。そのサウンドについては、佐野さんからも高い評価を頂くことができました。レコーディング後の音質に関するインタビューの模様は、動画でご覧いただくことができます。このDVDは、6曲のドラムトラックを2日でレコーディングするプロのドラムレコーデ
CG-1000
CG-1800
CG-2000
DA-3000
DT 250
SONAR
US-20x20
VL-S5
MiNiSTUDIO配信選手権 優勝! 杏豆さん 「とにかく内蔵マイクの音が良かったです。」
インタビュー・レビュー
MiNiSTUDIO配信選手権 優勝! 杏豆さん 「とにかく内蔵マイクの音が良かったです。」
2016年12月30日より2017年1月8日まで、インターネット配信サイトSHOWROOMで開催された『MiNiSTUDIO配信選手権』。ティアックとしても初の試みとなったこのイベントはSHOWROOM配信者が家庭用放送機器MiNiSTUDIOシリーズを駆使して視聴者を楽しませるという趣のランキングイベントで年末年始にも関わらずたくさんの方にご視聴頂きました。見事1位に輝いたのは、東京を中心にライブやSHOWROOM配信で活躍されている、アイドルの杏豆さん。 杏豆さんのアイドル活動や配信についての思いを語って頂きました。ティアック:まずはMiNiSTUDIO配信選手権1位おめでとうございます!杏豆さん(以下敬称略):ありがとうございます。ティアック:配信選手権の最終日、2位の梅野せんりさんとのデッドヒートは凄かったですね。杏豆:せんりさんが凄い方だったんですが、頑張りました(笑)。ティアック:まずは杏豆さんのメインの活動について教えてください。杏豆:SHOWROOMで「まいにちアイドル」として配信していますが、メインはライブです。ティアック:ライブの場所は関東ですか?杏豆:東京がメイン
MiNiSTUDIO CREATOR
MiNiSTUDIO PERSONAL