導入事例
多摩都市モノレール株式会社様 : ワイン列車2018 Premium

2018年12月1日に多摩都市モノレール株式会社様主催による「ワイン列車2018 Premium」が運行されました。

 

これは多摩モノレールの開業20周年を記念した特別企画で、山梨の若手ワイン醸造家グループ“アサンブラージュ”が選定した味わい深いワインや、地元立川市の人気結婚式場『ルーデンス立川ウェディングガーデン』とコラボレーションしたオードブルなど、例年のワイン列車以上にPremiumな催しとなりました。

 

モノレール車内におけるPremiumな音楽空間のコーディネートという事で、弊社が音響機器全般のコーディネイトでお手伝いさせていただきました。

車内音響システムには『dBTechnologeis INGENIA IG1T』を使用しました。多摩都市モノレール様は年間4回程度のイベント列車を企画されていますが、これまで車内の既存スピーカーとマイクを使ってBGMやレクレーションのMCを行っていることで、楽しく盛り上がる車内では十分な音量が取れず、レクレーションの進行に時間がかかることもあったとのことです。

dBTechnologeis INGENIA IG1T

 

今回は20周年のPremium企画ということもあり、車内にPA機器を持ち込みこれらの問題をストレスなく解消させ、音質面もグレードアップさせるのが狙いでしたが、十分ご満足していただけました。スピーカーの音質はもちろんのこと、ゾーンミキサー『TASCAM MZ-223』のトークオーバー機能がレクレーション時には大活躍でした。

トークオーバー機能:マイクの音量にあわせて自動的にBGMの音量を下げる機能。音量を調整する操作が不要でスピーチに専念できます。

TASCAM MZ-223

 

システム概要

  • 各車両にスピーカーを設置。つり革ポール部にスピーカーをポールブラケットで固定。各車両より電源供給。

 

  • 先頭車両にゾーンミキサー『TASCAM MZ-223』を設置。マイクやBGMの音声出力はミキサーからのデイジーチェーン接続(数珠つなぎ)で各車両のスピーカー『dBTechnologeis INGENIA IG1T』へ接続。
  • BGMはスマートフォン内の音源を再生。MC用マイク1系統。

 

SHARE