Press release

ライブストリーミング用エンコーダー/デコーダー『VS-R265』ならびに『VS-R264』が3系統のRTMPサイマル配信に対応。無償アップデートファームウェア『V1.1.0』をリリース

2021-01-07


ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、4K/UHDライブストリーミング用AV Over IPエンコーダー/デコーダー『VS-R265』ならびにFull HDライブストリーミング用 AV Over IP エンコーダー/デコーダー『VS-R264』の両機種において、RTMPを同時に3系統出力を可能とするファームウェアの無償アップデート『V1.1.0』をリリースしました。

TASCAM_logo
品名 バージョン メーカー希望小売価格 リリース日
VS-Rシリーズ用ファームウェア V1.1.0 無償 2021年1月7日

 

 

3系統のRTMPサイマル配信をVS-Rシリーズ本体だけで実現

PCレスでライブ配信を可能にするエンコーダー/デコーダーとしてご好評をいただいている『VS-R265』および『VS-R264』用のファームウェア『V1.1.0』をリリースいたしました。

今回のアップデートにより、RTMPまたはRTMPSプロトコルを使用する3つのプラットフォームにサイマル配信が可能となりました。(YouTube Live、Facebook Live、Twitch、ニコニコ生放送、SHOWROOM、ツイキャス、LINE LIVE、Wowza、Vimeo、Boxcast、DaCastなど)

様々な運用に対応するRTMPサイマル配信

従来のRTMPサイマル配信はパソコンの配信ソフトを使うか、複数の『VS-Rシリーズ』を使用する必要がありました。配信ソフトを用いる方法はパソコン本体への負荷が大きく、配信のクオリティにも影響をおよぼし、複数のハードウェア・エンコーダーを用いる方法は運用コスト面などで敷居が高いものでした。

今回のアップデートでは、同じ番組を最大3つのRTMPストリームへ『VS-Rシリーズ』本体だけで容易に安定したサイマル配信を行うことができます。

またYouTubeなどメインのストリームサーバーとバックアップサーバーを持つ配信サービスに対しては『VS-Rシリーズ』本体のみで、同時に別のRTMPアドレスに送出することも可能です。

異なるプロトコルへ最大8系統の同時配信を実現

またRTMPの3系統サイマル配信に対応したことにより、ストリーム出力の総数が8つに増加します。(3 x RTMP / RTMPS、1 x RTSP、1 x HLS、2 x RTP / UDPユニキャストおよび1x RTP / UDPマルチキャスト。ストリーミングのパフォーマンスは解像度設定や転送レート、ネットワーク環境に左右されます。)

 

【ファームウェア V1.1.0の主な特長】
  • 3系統のRTMPプロトコルにサイマル配信が可能
  • 異なるプロトコルへ最大8系統のサイマル配信に対応
【ダウンロードページ】

 

リンク

VS-R264
VS-R265

特設サイト