TASCAM HSシリーズ発売予定のご案内

Press release
2010-11-05

2010年11月5日

TASCAM HSシリーズ発売予定のご案内


ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、オーディオレコーダー『HS-4000』、『HS-2000』、および『HS-2』を放送市場や設備機器市場に向けて、TASCAM(タスカム)ブランドで順次発売してまいります。また、関連製品であるリモートコントローラー『RC-HS32PD』、『RC-F82』、オプションの『SY-2』、CFカードについても順次発売してまいります。

HSシリーズは、テレビ番組やラジオ番組、映画の制作、テーマパークやイベントでの送出や収録など様々な現場に対応するオーディオレコーダーです。記録メディアにCFカードを採用したことにより、回転機構のないメカレス構造による高耐久性、フィールドをはじめとするあらゆる現場で使用可能な耐振動性など、録音/再生機として最も重要な高信頼性を確保。さらに非露出接点構造、大容量カードへの発展性、メンテナンスフリーによるコスト低減効果を兼ね備え、音声ファイルの管理・運用を容易にします。またHSシリーズ共通で、タッチスクリーン式カラーディスプレーによるユーザーインターフェースを採用。収録から制作、送出まで統一されたオペレーションを実現します。リアルタイムOSによる素早い起動や、ファンレスを実現した静音動作など現場環境にも配慮。このほかギガビットLAN接続によるネットワークを利用して音声ファイルの管理を行うなど、システムやワークフローの効率化にも貢献します。

放送用途の『HS-4000』および『HS-2000』、設備用途から放送業務まで幅広く対応する『HS-2』、そして既に発売中の8チャンネルオーディオレコーダー『HS-8』やポータブルマルチトラックフィールドレコーダー『HS-P82』、これらHSシリーズがあらゆるプロ業務用途に対応するオーディオレコーダーラインナップを提供します。さらに用途に応じて選択可能なリモートコントローラー『RC-HS32PD』、『RC-HS20PD』、『RC-F82』により最適な作業環境の構築が可能。また、HSシリーズでの確実な録音/再生のために、推奨CFカードも用意。

HSシリーズは、プロデューサー、クリエーター、エンジニア、オペレーターなど制作に携わるすべての方々に、録音・再生のトータルソリューションを提供します。

なお、大手放送局様の次期デジタル録音再生機として、HS-4000の導入が決定しました。本年度、HS-4000:186台、RC-HS32PD:86台の納入が決まっており、来年度以降、合計約500台の納入を見込んでいます。

■ 『HS-4000』、『HS-2000』、『HS-2』、『HS-8』、『HS-P82』に共通の特長

  • 記録メディアにCFカード(UDMA対応)を採用
  • 記録ファイルフォーマットにBWF(Broadcast Wave Format)を採用
  • タッチスクリーン式カラーディスプレーが直感的な操作を実現
  • 共通のグラフィカルデザインが、異なる機種でも違和感のない操作を実現
  • テープイメージによる録音再生が可能なタイムラインモード
  • 録音テイクを個別に扱うテイクモード
  • 再生テイクを自由に並べて、ポン出し送出などを行うプレイリストモード

■ 4チャンネルオーディオレコーダー HS-4000
『HS-4000』は、2系統の2チャンネルプレーヤーとして、また1台の4チャンネルレコーダーとして使用することが可能な、放送用途の4チャンネルオーディオレコーダーです。録音中のファイルを同時再生するコンフィデンスモニターや、放送局でのファイル運用を円滑に行うBWF-Jに対応。このほか本機でのオンライン再生操作や、タイムコード同期など充実したシステム同期機能を装備しています。

HS-4000

■ 2チャンネルオーディオレコーダー HS-2000
『HS-2000』は、放送用途の2チャンネルオーディオレコーダーです。録音中のファイルを同時再生するコンフィデンスモニターや、放送局でのファイル運用を円滑に行うBWF-Jに対応。このほか本機でのオンライン再生操作や、タイムコード同期など充実したシステム同期機能を装備しています。

HS-2000

■ 2チャンネルオーディオレコーダー HS-2
『HS-2』は、設備市場から放送業務まで幅広く対応する、コストパフォーマンスに優れた2チャンネルオーディオレコーダーです。アナログバランスおよびアンバランス入出力や、AES/EBUおよびS/PDIFデジタル入出力を装備し、様々なシステムへの導入を可能とします。

HS-2

■ タイムコードシンクカード SY-2
『SY-2』は、『HS-2』の専用オプションです。『HS-2』に装着することにより、タイムコード同期とRS-422リモートコントロールが可能となります。

■ リモートコントローラー RC-HS32PD
『RC-HS32PD』は、『HS-4000』や『HS-2000』との使用に最適なリモートコントローラーです。64×32ドットマトリクスカラーLCDを採用した16ポイントのポン出しキーと、100mmフェーダーを2系統装備。16ポイントを1ページとして管理し、トータル6ページ、96ポイントを2系統登録可能です。また1系統のオーディオレコーダーリモートコントローラーとしての使用も可能であり、32ポイント×3ページ、トータル96ポイントのポン出しが可能です。

RC-HS32PD

■ フェーダーコントローラー RC-F82
『RC-F82』は、ポータブルマルチトラックフィールドレコーダー『HS-P82』用のフェーダーコントローラーです。『HS-P82』の内蔵ステレオミキサーのレベルやパン、入力レベルトリムをコントロール可能。また録音や再生などのトランスポートコントロールが可能なほか、オペレーターとディレクター間のコミュニケーションを実現します。『HS-P82』の上にスタック可能なコンパクトサイズで、現場環境に応じたセッティングが可能です。

RC-F82

■ TASCAM CFカード
Ultra DMA(UDMA)方式による高速書き込み・読み込みが可能な高品質CFカード。HSシリーズだけでなく、SS-CDR1などCFカードを記録メディアとするTASCAMレコーダーで使用可能です。

発売中のオーディオレコーダーおよびリモートコントローラー

■ 8チャンネルオーディオレコーダー HS-8
『HS-8』は、マルチチャンネルやサラウンドの収録、劇場やテーマパークなどでの送出など、幅広い用途で活躍する8チャンネルオーディオレコーダーです。オプションのRC-HS20PDやRC-SS20を併用することでマルチチャンネルやサラウンド音源のポン出しが可能となります。

HS-8

■ リモートコントローラー RC-HS20PD
『RC-HS20PD』は、20ポイントのポン出しキーと100mmフェーダーを装備したリモートコントローラーです。20ポイントを1ページとして管理し、トータル5ページ、100ポイントの登録が可能です。

RC-HS20PD

■ リモートコントローラー RC-SS20
『RC-SS20』は、20ポイントのポン出しキーを装備したリモートコントローラーです。コストパフォーマンスの高いポン出しシステムを構築することができます。

RC-SS20

■ ポータブルマルチトラックフィールドレコーダー HS-P82
8チャンネルの高音質マイクプリアンプを搭載したポータブルマルチトラックフィールドレコーダー。映画、ドラマ、ドキュメンタリーなど様々な現場でサラウンドやマルチマイクによる収録が可能です。HSシリーズ共通のユーザーインターフェースが、収録現場においてもストレスのない操作環境を提供します。

■ HS-4000/HS-2000/HS-2/HS-8 比較

モデル HS-4000 HS-2000 HS-2 HS-8
 チャンネル数 2×2
4
2 2 8+2(44.1/48kHz)
8(88.2/96kHz)
4(176.4/192kHz)
 サンプリング周波数 44.1~96kHz 44.1~192kHz 44.1~96kHz 44.1~192kHz
 BWF-J対応 × ×
 AES31インポート/エクスポート ×
 コンフィデンスモニター × ×
 オンライン再生 × ○(RC-HS20PD)
 アナログバランス入出力 XLR XLR XLR D-sub、XLR
 アナログアンバランス入出力 × × RCA ×
 AES/EBUデジタル入出力 XLR XLR XLR D-sub、XLR
 S/PDIFデジタル入出力 × × RCA ×
 タイムコード同期 オプション
SY-2
 ギガビットネットワーク対応
 パラレルコントロール
 RS-422シリアルコントロール オプション
SY-2
 RS-232Cシリアルコントロール
 対応リモートコントローラー RC-HS32PD
RC-HS20PD
RC-SS20
RC-HS32PD
RC-HS20PD
RC-SS20
RC-HS20PD
RC-SS20
RC-HS20PD
RC-SS20

※将来のバージョンアップで対応予定の機能を含みます。