Support

【更新】iOS 13およびiPadOSの動作検証についてのお知らせ

2019-10-10

Apple社より発表されましたiOS 13およびiPadOSにおきまして、現在弊社製品での動作検証を進めております。
検証が完了次第、順次このページに掲載してまいりますので、今しばらくお待ちください。

ご注意
iOS 13およびiPadOSで、動作検証が完了していない製品をご使用された際に生じた故障又は損害などに関しては一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
また、結果が〇となっている対象製品であっても、ご使用の環境によっては、結果が異なる場合があります。

2019年10月10日現在

USBオーディオインターフェース
結果 対象製品 ファームウェア 備考
SERIES102i V1.02 ※1、※2、※5、※6
SERIES208i V1.02 ※1、※2、※5、※6
MiNiSTUDIO CREATOR V2.30 ※1、※2、※6
MiNiSTUDIO PERSONAL V2.30 ※1、※2、※6
iXR V1.02 ※1、※3、※6
US-1x2 V1.00 ※1、※2、※4、※5、※6
US-2x2 V1.01 ※1、※2、※6
US-4x4 V1.01 ※1、※2、※6
US-16x08 V2.00 ※1、※2、※5、※6
Celesonic US-20x20 V2.00 ※1、※2、※5、※6
TASCAM TRACKPACK iXR V1.02 ※1、※2、※6
TASCAM TRACKPACK 2x2 V1.01 ※1、※2、※6
TASCAM TRACKPACK 4x4 V1.01 ※1、※2、※6

 

リニアPCMレコーダー  (USBオーディオインターフェース)
結果 対象製品 ファームウェア 備考
DR-05X V1.00 ※1、※2
DR-07X V1.00 ※1、※2
DR-40X V1.01 ※1、※2

 

ソフトウェア
結果 対象製品 ファームウェア 備考
TASCAM DA-6400 CONTROL New V1.0.1 ※7
× TASCAM DCP CONNECT New V1.1.0 ※7、※8
× TASCAM MX CONNECT New V1.1.0 ※7、※8
× TASCAM EZ CONNECT New V1.1.0 ※7、※8
× TASCAM SS250 CONTROL New V2.0.0 ※7、※8
TASCAM DR CONTROL New V2.11 ※7

 

※1 iPhone XR、iPhone 8、iPhone 7、iPhone XおよびiPad(第6世代)で検証
※2 iPhone XRとLightning - USBカメラアダプタを利用した際、iOSデバイスがスリープから復帰後、再び音声入出力を行うにはLightning - USBカメラアダプタをiOSデバイスから抜き挿しする必要があります。
尚、電源供給機能付きのLightning - USB 3カメラアダプタをご使用した場合、この対応は必要がありません。
※3 iXRが接続された状態で、iOSデバイスがスリープへ移行した際、すぐにiOSデバイスのスリープが解除されてしまうことが確認されています。
尚、スリープを有効にしたい場合は、Lightningケーブルを抜きiXRとの接続を解除してください。
※4 【解決済み】US-1x2にUSB Type-Cが搭載されたiPadを接続してもCubasis LEの機能制限が解除(Unlock)出来ないことが確認されています。
※5 iPhoneにプリインストールされている「ミュージック」アプリを使用した際、再生中にサンプリングレートなどフォーマットの異なるファイルを選択した場合、再生ができなくなる現象が確認されています。 この場合、iOS 13では一度ケーブルの抜き挿しする必要があります。尚、iOS 13.1では再生ボタンのタップで再生できます。
※6 Cubasis (Cubasis LEを含む)を使った再生時にノイズが発生する場合がある事が確認されております。
今後の対応について更新があればお知らせいたします。
※7 iPhone 8、iPhone 7、iPhone XおよびiPad(第6世代)で検証
※8 日本語などのマルチバイト文字を表示したとき、正しく表示されません(文字化け)。また、文字入力時に日本語などの全角文字が文字化けし、その後アプリケーションが操作不能になる(ハングアップ)という問題が発生します。
これらのソフトウェア製品をiOS13環境下で使用することを避けてください。
使用する場合、文字入力時は英数字のみを入力するようにしてください。
ソフトウェアがハングアップした場合はAPPスイッチャー画面からソフトウェアをいったん終了し、再起動してください。