『DR-22WL』、『DR-44WL』の多言語表示対応最新ファームウェアVersion 2.10リリース及び『リニアPCMレコーダー多言語化プロジェクト』の完了に関するお知らせ

Press release
2017-03-08

『DR-22WL』、『DR-44WL』の日本語表示を含む多言語表示に対応した最新ファームウェア、V2.10をリリース致しました。

DR-22WL V2.10 ダウンロード

DR-44WL V2.10 ダウンロード

あわせて『DR-22WL』/『DR-44WL』用アプリ『TASCAM DR CONTROL』の日本語表示を含む多言語表示に対応した最新バージョンもリリースいたしました。アプリのアップデートについては、お持ちのデバイスの通知をご確認ください。または、App Store/Google Playにアクセスし、アップデートの有無をご確認ください。

Version 2.00以降の『DR-22WL』/『DR-44WL』をお使いの場合は、『TASCAM DR CONTROL』経由でのファームウェアアップデートが可能です。この機能を使うことで従来機種と異なり、パソコンを使わずにファームウェアアップデートを行うことができます。※

また、Version 2.00以降ではWI-Fiアクセスポイントへの接続方法が2種類に増えておりますので、スマートホンをインターネットに接続したままWi-Fiルーター経由で『DR-22WL』/『DR-44WL』にWi-Fi接続することが可能です。是非お試しください。

   

※左2枚はDR-22WL、右2枚はDR-44WLの画面です。

尚、本リリースをもって、2016年12月に公表致しました『リニアPCMレコーダー多言語化プロジェクト』が完了致しました。

日本国内はもとより、各地のお客様よりご好評の声を頂いております。

今後も使いやすい録音機器をめざし、リニアPCMレコーダーに限らずオーディオインターフェース等他の機種においても多言語表示対応について検討を進めてまいります。

是非今後もTASCAMブランドにご注目ください。

※Version2.00未満のファームウェアからVersion2.00以降へのアップデートでは、アプリ経由での本体ファームウェアアップデート機能がお使いいただけません。本体SDカード経由でのアップデートをお願いいたします。