デスクトップに気軽に設置できる3インチスピーカーペア Bluetooth®再生対応の2ウェイパワードスタジオモニター『VL-S3BT』を新発売

Press release
2016-01-19

2016年1月19日


デスクトップに気軽に設置できる3インチスピーカーペア
Bluetooth®再生対応の2ウェイパワードスタジオモニター『VL-S3BT』を新発売


 

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、デスクトップパワードモニタースピーカーペア『VL-S3BT』をTASCAM(タスカム)ブランドで全国の楽器店等を通じて発売開始いたします。
 

TASCAM_logo
品名 型名 希望小売価格 発売予定日
パワードスタジオモニター(ペア) VL-S3BT オープンプライス 2016年2月下旬

 


 

ヘッドホンだけでは、作れない音がある。

リバーブの響き、音の前後関係や左右にパンニングした音の広がり。
音楽制作においては、優れたモニターヘッドホンが数多く販売されている昨今においても、ヘッドホンだけでは確認しきれない要素が数多く存在します。ヘッドホンとスピーカー環境を相互に活用し音を作ることで、より高いクオリティの作品を作ることができるのは、周知の事実です。

しかし、大型のモニタースピーカーを大音量で鳴らせる環境を構築することは容易ではありません。スタジオでの制作が大半を占めた過去とは異なり、一般的な住宅のデスクトップでいかに優れたモニター環境を構築できるかがクオリティの高い作品を制作するために非常に重要になってきています。

このようなデスクトップモニター環境の構築に適したスピーカーが『VL-S3BT』です。横幅110mm、高さ170mmというコンパクトサイズに、80Hz~22kHzというワイドレンジ再生能力を収めた2ウェイのアンプ内蔵(パワード)モニタースピーカーペアです。ノートパソコンによるコンパクトな制作環境にも違和感なく設置することができます。余裕のある14W+14Wのパワーアンプは、小音量再生時においてもバランスの良いモニターサウンドを提供しますので、夜間など大音量再生ができない環境でも十分に活用することができます。

RCAとステレオミニホンジャック入力を備えており、音響機器への接続はもちろん、市販の変換ケーブルを用いることで携帯ミュージックプレーヤーも接続することができます。加えて、TASCAMオーディオインターフェースなどホンジャック出力の機器に対応できるよう、RCA-ホンプラグ変換ケーブルを同梱しています。

加えて、Bluetooth®によるワイヤレス再生にも対応。一般的なBluetooth®再生より高音質・低遅延のAAC/aptX®コーデックに対応することで、スマートホンからのワイヤレス再生においても制作に活用できるクオリティを提供します。

これまでにご好評をいただいたVL-Xシリーズ、VL-Aシリーズ、VL-Mシリーズ、そして新たに登場したVL-Sシリーズ。
日々進化する制作環境に適応したTASCAMモニタースピーカーシリーズの新しいラインナップ『VL-S3BT』は、スタジオさながらのモニター環境をデスクトップに実現し、よりハイレベルな音楽制作への道を拓きます。

 

 

【主な特長】

  • ペアリングボタンを本体前面に装備
  • A2DPプロファイルでのBluetooth®ワイヤレス再生に対応
  • SBC/AAC/aptX®コーデックに対応
  • パワーアンプ出力:14W+14W(左側ユニットにパワーアンプを内蔵)
  • 3インチウーハー/0.5インチツイーター
  • バスレフポート装備
  • 専用チューニングが施された8kHz クロスオーバー回路
  • RCA(ステレオ)/3.5mmステレオミニアンバランス入力(ステレオミニ優先)
  • ボリュームコントロール装備
  • パワースイッチ/パワーLED装備

【一般仕様】

電源 専用ACアダプター(PS-P1524E、付属)、AC100~125V、50/60Hz
消費電力 60W
外形寸法 110 (W) × 170 (H) × 138 (D) mm (片側、突起部含まず)
質量 アクティブユニット(左側): 1.1kg
パッシブユニット(右側): 1.0kg

※RoHSに対応しています。
※仕様は改善のため変更することがあります。


製品詳細情報についてはこちらをご覧ください。
VL-S3BT