ワイヤレスマイクシステムのバックアップ録音に最適なマイクロリニアPCMレコーダー『DR-10CH』を新発売

Press release
2015-02-04

2015年2月4日


ワイヤレスマイクシステムのバックアップ録音に最適な
マイクロリニアPCMレコーダー『DR-10CH』を新発売



ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、ワイヤレスマイクシステムのバックアップ録音用マイクロリニアPCMレコーダー『DR-10Cシリーズ』の新ラインナップとして、『DR-10CH』をTASCAM(タスカム)ブランドで全国の設備機器代理店を通じて発売開始いたします。
また、『DR-10CL』につきましては、都合により発売を中止させていただくこととなりました。

TASCAM_logo

■『DR-10Cシリーズ』新ラインナップ

品名 型名 希望小売価格 発売予定日 対応ワイヤレスマイクシステム
ワイヤレスマイクシステム用
マイクロリニアPCMレコーダー
DR-10CH オープンプライス 2015年4月下旬 SHURE製品

 


DR-10CH
(SHURE製品対応)

 

■『DR-10Cシリーズ』発売中のラインナップ

品名 型名 希望小売価格 発売 対応ワイヤレスマイクシステム
ワイヤレスマイクシステム用
マイクロリニアPCMレコーダー
DR-10CS オープンプライス 発売中 SENNHEISER製品
DR-10CS/DR-10CH用
オプションパネル
AK-DR10CR オープンプライス 発売中 SONY製品 / RAMSA製品
DR-10CS用
オプションパネル
AK-DR10CH オープンプライス 発売中 SHURE製品

■『DR-10Cシリーズ』発売中止の製品

品名 型名 希望小売価格 発売 対応ワイヤレスマイクシステム
ワイヤレスマイクシステム用
マイクロリニアPCMレコーダー
DR-10CL オープンプライス 発売中止 Lectrosonics製品

 


■『DR-10Cシリーズ』
ワイヤレスマイクシステムに取り付けるだけでバックアップ録音が可能。
ピンマイクで音声収録できるウェアラブルマイクロリニアPCMレコーダー。

『DR-10Cシリーズ』は、ワイヤレスマイクシステムのマイクとトランスミッター間に接続する音声収録用レコーダーです。マイクを『DR-10Cシリーズ』の本体に接続し、付属のケーブルを使ってトランスミッターに接続するだけで、ワイヤレスシステムにおいて音声が途切れた場合でも、音声を記録しておくことができます。

ワイヤレスマイクメーカー各社のシステムにそれぞれ対応した専用設計となっており、SHURE製品対応モデル、SENNHEISER製品対応モデルに加えて、SONY製 / RAMSA製のワイヤレスマイクシステムに対応するためのオプションパネルをラインナップしています。

本体は手のひらに乗るサイズで軽量設計に加え、トランスミッターと束ねての使用やトランスミッターと並べてベルトに装着しやすいデザインとなっており、環境にあわせた選択が可能です。ピンマイクと『DR-10Cシリーズ』を組み合わせることで、小型のウェアラブルレコーダーとして活用できます。

記録フォーマットは24bit/48kHz MONO WAV(BWFフォーマット)となっており、番組や舞台の収録から講義やセミナーの録音など、業務用途におけるモノラル音声収録を想定した仕様となっています。また時計機能内蔵により、音声ファイルには時間情報を記録可能で、ファイル検索や編集作業を容易にします。

機能面では、録音中の誤操作を防止するスライド式録音スイッチ、録音中は録音停止以外の操作を無効にする機能や、できるだけ高い録音レベルを設定しながらも同時に低いレベルによるバックアップが可能なデュアルレコーディング機能など、確実な録音をサポートする機能を搭載しています。加えて赤外線通信機能により、設定を別の『DR-10Cシリーズ』へ転送することも可能です。

『DR-10Cシリーズ』は、ワイヤレスマイクステムの音声収録に加え、単体のウェアラブルレコーダーとして活用可能なマイクロリニアPCMレコーダーです。

 

■『DR-10Cシリーズ』特長および仕様

【主な特長】

  • ワイヤレスシステムのマイクとトランスミッター間に接続するバックアップ用レコーダー
  • ワイヤレスマイクメーカー各社のシステムにそれぞれ対応した専用設計
    ・SENNHEISER製マイク/トランスミッター対応 (DR-10CS)
    ・SHURE製マイク/トランスミッター対応 (DR-10CHまたは、オプションパネルAK-DR10CH + DR-10CS)
    ・SONY製 / RAMSA製マイク/トランスミッター対応 (オプションパネルAK-DR10CR + DR-10CHまたはDR-10CS)
    ※SONY製品 / RAMSA製品は、スライドスイッチによる切換えにて対応
    ※各製品にトランスミッター接続用ケーブルが付属
  • コンパクトサイズ/軽量設計
  • 録音系統とマイク-トランスミッター間の信号系統を独立させた安全設計
  • 24bit/48kHz、番組や舞台の収録および講義録音など業務用途における高音質のモノラル音声収録が可能
  • ラベリア/ピンマイクと『DR-10Cシリーズ』のみで、ウェアラブルマイクロリニアPCMレコーダーとして使用可能
  • 録音中の誤操作を防止するスライド式録音スイッチおよび、録音中は録音停止以外の操作を無効にする機能
  • デュアルレコーディングなど録音レベル設定ミスを防止する機能を多数搭載
  • 電池が切れる前に収録中のデータ消失を回避する⾃動ファイルクローズ処理
  • 時計機能を備え、時間情報を記録可能なBWFフォーマットに対応
  • 録音ファイルの確認ができる再生機能と入力モニターも可能なヘッドホン出力
  • 赤外線通信により別の『DR-10Cシリーズ』に設定の転送が可能

【その他の特長】

  • 24bit/48kHz リニアPCM モノラル録音
  • WAVファイル(BWFフォーマット対応)
  • 記録メディアにmicroSD/microSDHCカードを採用(最大32GBのmicroSDHCカードが使用可能)
  • LOW/MID/HIGH 3段階の録音レベル設定
  • 過大入力を自動的に調節するリミッター機能、ローカットフィルター(120Hz)搭載
  • 録音レベルを自動で調節するオートレベル機能
  • 録音中に一定の録音時間長(約15分)でファイルを更新できるタイムトラックインクリメント機能
  • 広い視野角/視認性の良い有機ELディスプレー
  • 単4形電池 1本駆動で10時間以上の録音時間 ※アルカリ乾電池(EVOLTA)使用時
  • USB 2.0でパソコンへのデータ転送を容易にするmicro USB B端子
  • パソコンで『DR-10Cシリーズ』の設定をテキストファイルで作成および、転送が可能
  • microSDカードでファームウェアのアップデートが可能
  • トランスミッターと束ねて使用するシリコン製ラバーバンド付属
  • ベルトに装着できる脱着可能なクリップ付属
  • 専用ケース付属

【一般仕様】

電源 単4形電池1本 (アルカリ乾電池、ニッケル水素電池またはリチウム乾電池)、
パソコンからのUSBバスパワー
消費電力 0.45W
外形寸法 52(W) × 55.6(H) × 24.4(D) mm
質量 63g (電池を含む)、51g (電池を含まず)

※RoHSに対応しています。
※仕様は改善のため変更することがあります。


製品詳細情報についてはこちらをご覧ください。
DR-10Cシリーズ