『Musikmesse 2014』出展のご案内 --新製品を参考出品--

Event
2014-03-11

ティアック株式会社は3月12日よりドイツ フランクフルトで開催される『Musikmesse 2014』に出展し、新製品CGシリーズを参考出品いたします。

【リンク】
    『Musikmesse 2014』:http://www.messefrankfurt.com/frankfurt/en.html

【参考出品を予定している新製品】

用途別にラインナップされた業務用マスタークロックジェネレーター
CG-2000/CG-1800/CG-1000
発売時期・価格未定 

CG-2000/CG-1800/CG-1000は、全てのモデルに高精度OCXO(恒温槽付水晶発振器)を採用。10MHz対応外部入力端子を搭載し、更なる高精度なシステム構築も可能です。また、ジッターマネジメント回路、グリッチレス リロック回路の搭載により安定したクロックの供給を実現します。


業務用ビデオシンク/マスタークロックジェネレーター
CG-2000

CG-2000 は 放送局、ポストプロダクション向けのビデオシンク/マスタークロックジェネレーターです。電源および、映像/音声クロックのリダンダント(バックアップ用の二重化)に対応、放送局やポストプロダクションの現場に求められる様々な機能を搭載しています。


業務用ビデオシンク/マスタークロックジェネレーター
CG-1800

CG-1800はポストプロダクション向けのビデオシンク/マスタークロックジェネレーターです。ビデオ信号は、NTSC,PAL および HD Tri-levelに対応、ワードクロックは AES 3/11 および S/P DIFに対応し、フレキシブルな高音質同期システムを構築可能なビデオシンク/マスタークロックジェネレーターです。


業務用マスタークロックジェネレーター
CG-1000

CG-1000はレコーディングスタジオ、サウンドエンジニアおよびミュージシャン向けのマスタークロックジェネレーターです。OCXOの採用により高精度クロックの供給が可能。ルビジウムクロックやGPSクロックが供給可能な場合には、10MHz対応外部入力端子を搭載していますので、更なる高精度なシステム構築も可能です。

 

※開発中の製品につき仕様は予告なく変更される場合があります。ご了承ください。