ヘッドホンのポテンシャルを限りなく引き出すプレミアムヘッドホンアンプ 独 beyerdynamic社『A 20』を新発売

Press release
2014-02-05

2014年2月5日

ヘッドホンのポテンシャルを限りなく引き出す
プレミアムヘッドホンアンプ 独 beyerdynamic社『A 20』を新発売


ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、独 beyerdynamic社 プレミアムヘッドホンアンプ『A 20』を全国の量販店およびオーディオ店を通じて販売開始いたします。

beyerdynamic
品名 型名 希望小売価格 発売予定日
プレミアムヘッドホンアンプ A 20 オープンプライス 2014年2月上旬



テスラドライバーのポテンシャルを引き出す、ヘッドホンアンプのニュースタンダード。
A 1の設計を受け継ぐプレミアムヘッドホンアンプ。

beyerdynamic(ベイヤーダイナミック)社は1924年にドイツで設立されて以来、常に革新的なアイデアと高い製品クオリティで、放送・音楽制作の業界標準となる製品を数多く送り出してきました。

このたび発売する『A 20』は、既に発売され好評を博しているヘッドホンアンプA 1の設計ノウハウを継承し、新たに開発されたヘッドホンアンプです。精緻なアルミ筐体に搭載されたディスクリート構成のフルアナログ回路は、beyerdynamic社フラッグシップヘッドホンT 1をはじめとする、あらゆるヘッドホンの本来のポテンシャルを引き出します。

beyerdynamic社のエンジニアが追求したのは、純粋なアナログオーディオ機器。今日主流とされるデジタルインターフェースを一切排除した、こだわりのヘッドホンアンプです。継ぎ目のないアルミのサイドパネルと一枚の天板が形作る『A 20』は、音へのこだわりにとどまらず、デザインにおいてもドイツプロダクトらしい質実剛健さを兼ね備えたヘッドホンアンプです。

また『A 20』はヘッドホン出力端子を2つ装備し、二人同時にヘッドホンリスニングを楽しむことができます。さらに、出力端子は内部回路をバイパスするループスルー構造となっており、入力した信号を劣化させずに出力するため、お使いのシステムに柔軟に組み込むことが可能です。

beyerdynamic社のこだわりが随所に注がれた『A 20』は、ドイツ国内においてハンドメイド生産されております。

【主な特長】

  • beyerdynamic社がA 1の開発で培ったノウハウを基に設計したヘッドホンアンプ
  • ディスクリート構成のフルアナログ回路
  • ハイインピーダンスのヘッドホンも同時に鳴らす2つのヘッドホン出力端子
  • 170mW+170mW(250Ω負荷時)のヘッドホン出力
  • ソースからの入力信号を劣化させずに他の機器へ送り出し可能なループスルー出力
  • 継ぎ目のない精緻なフルメタル筐体
  • 2系統のステレオ標準ジャックヘッドホン出力端子

【一般仕様】

電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 10W以下
外形寸法 164(W)×55(H)×212(D)mm(突起部含む)
質量 1.6kg

※RoHSに対応しています。
※仕様および外観は改善のため予告なく変更することがあります。


製品詳細情報についてはこちらをご覧ください。
A 20