インタビュー

Cyclamen × KLOTZ TITANIUMシリーズ インタビュー
インタビュー・レビュー
Cyclamen × KLOTZ TITANIUMシリーズ インタビュー
2008年の結成以来、日本のみならず海外でも積極的に活動をするプログレッシブ・メタル/マスコアバンド『Cyclamen(シクラメン)』はライブ、レコーディングにおいてKLOTZのギターケーブルをご愛用いただいております。 感想をギタリストの勝乗さん、高尾さんにお伺いいたしました。ティアック:お二人に使っていただいているKLOTZのギターケーブル「TITANIUMシリーズ」の率直な感想を聞かせてください。勝乗 貴志さん(以下勝乗):今回お借りして、カナダの演奏と、日本でも去年の夏に使いました。カナダだと気温が-40℃ぐらいの場所で演奏したり、日本だと逆に40℃になったりと気温の差が激しかったのですが、それでも全く支障なく使えました。ギターのラッカー塗装がひび割れるような場所でも大丈夫で。ガリも今のところ一回も出たことがなくて、すごく丈夫なケーブルだと思っています。エフェクターは直列でたくさん繋ぐんですが、その時にコンプレッサーなんかで、色がついちゃうケーブルだと、かかってほしくない所が持ち上がっちゃったりするんですけど、KLOTZはフラットな音が出る印象なんで、いい感じに持ち上がってくれ
TITANIUMシリーズ

特設サイト