インタビュー・レビュー
ミュージシャン・村田隆行さん 「やっぱり音と音の空気感って音楽を作るうえで結構重要で、このヘッドホンはそこが聞こえるのがいいですね。」

良い音だなと思うヘッドホンは多くあるんですが、長時間つけていると嫌になっちゃうものが多いんです。ヘッドホン側で音が作られていて、最初はカッコよく聞こえるんですが、長時間聞いているとストレスに感じてきてしまって。でも『DT 250』は嫌にならないんですよね。音もそうですけど、このパッドがいいのかなとも思いました。

普通に音楽聞くのにも使えるので、iPodに入れた資料音源を聴くのにも使っています。輪郭がしっかり見えるので、資料音源でベースのパートを探ったりするときもこのヘッドホンでいけますね。音も装着感もストレスがないですね。やっぱり音と音の空気感って音楽を作るうえで結構重要で、このヘッドホンはそこが聞こえるのがいいですね。

プロフィール

村田 隆行さん

十代の頃よりR&B、FUNK、FUSION、ROCKなどの音楽に憧れギターを始め、その後ベースに転向。
SAX奏者・小林香織のバンド、そしてアルバム・プロデュース、作曲・編曲で作品に参加。鳴瀬喜博・IKUO・村田、3人のベーシストによるユニット「The Choppers Revolution」を結成しキングレコード「低音レーベル」よりアルバム、LIVE・DVDを発表。その他、自身のリーダー・ライブやギタリスト・マサ小浜、ドラマー・坂東慧とのトリオ「くるくるBrothers」のセッション活動、小比類巻かほるや日野皓正、吉田仁美などジャンルにとらわれないLive~Recordingのセッションワークをこなす。デスクワークとしては、作曲やアレンジ・トラック制作、プロデュース、そして教則DVD・本などの著書、エフェクター・サウンドの制作・デモンストレーション等も行っている。

ホームページ:http://takayukimurata.com/

そのほか、DR-44WLおよびiXZのレビューもいただいておりますので、あわせてご覧ください。

SHARE